中古車を高く売るにはどうしたらいい?

中古車を高く売るにはどうしたらいいのだろうか?

車の買い替え時には誰もが考えることだと思います。

 

今まで乗っていた車が高く売れれば、それだけ次に買う車の購入資金に充てられますので、車のグレードを上げたり、カーナビやカーオディオ、シートやサンルーフなどのオプションの費用にすることもできます。車をローンで買う場合には、そのローンの借入額を少なくすることができますので、毎月の返済も楽になりますよね。

そしてその車の売却方法ですが、大きく分けて二つ、ディーラー下取りと中古車店などの買取業者に買取してもらうという方法があります。

もちろん友人、知人に売るという選択肢もありますが、この場合高く売るというのが気持ち的にできないですし、売った後にトラブルになっても嫌なので、あまりおすすめではないですよね。

となると、

やはりディーラー下取りか中古車店などの買取業者に買取してもらうかのどちらかになるかと思いますが、

この二つ、はたしてどちらが車を高く売るのに適しているのでしょうか?

今回このサイトでは、僕が実際に車を査定してもらい、結果的に高く売ることができた体験をもとに、このあたりのことを詳しく説明していきたいと思います。

やり方一つで何十万円と変わってきますので、損をしたくない方は是非参考にして頂けたらと思います。

ちなみに僕は、今まで2度ほど車を売ったことがありますが、直近の事例で言えば、トヨタのヴィッツ、2016年式、車体カラーはホワイト、走行距離56,000キロが121万円で売れたのですが、買取相場としては100万円くらいといったところですので、ちゃんと高く売ることができたのかなと思っています。

もちろん1社ではなく複数社に車を査定してもらったわけですが、安い査定額の業者では、89万円という額を提示されましたので、最高額と最低額の差額は32万円もあったということになります。

 

ということは、下手すれば32万円も損をするところだったので、やはり車の売り方というのは大事なんだなと改めて実感しました。

皆さんもくれぐれも安く売ってしまわないように注意してくださいね。そうならないためにも、この度はサイトではその秘訣を惜しみなく書いていきたいと思います。