よく聞くディーラーの下取りとはどういうものか?

街中に点在している新車ディーラー。トヨタをはじめとする日産やスズキ、スバルなどの国内ディーラーや、ベンツ、BMWなど外車のディーラーなどもよく見かけるかと思います。

そしてそのディーラーで車を下取りしてもらい、車を買い替えているという方、結構いらっしゃるのではないでしょうか?

 

大手企業である自動車メーカーのディーラーであれば、大手というだけで安心できるところがありますし、

僕たちが売る車を高く買い取ってくれそうなイメージもあるので良さそうに感じるかと思います。

 

車を買い替える方であれば、購入と売却をそのディーラー1店舗で済ませることができるので、

何社もまわる手間が省けますし、納車と下取りのタイミング調整や代車などの融通もききやすいというメリットがありますので、

そういった意味ではおすすめかと思います。

 

では、肝心の車を高く売ることができるかという点においてはいかがでしょうか?

 

 

いくら手間が省けて融通が利くといっても、車が高く売れないのでは意味がない。

ここでは、僕が下取り査定してもらった経験を踏まえて、この下取りについて説明していきたいと思います。

 

 

僕もディーラーで下取り査定をしたことがあるのですが、実はその査定額は意外にも、

予想していたより安い査定額であったのです。

 

皆さんと同じように大手企業であるディーラーなら高く買取してくれると思い込んでいたので、ちょっと驚いたのですが、

もしもあの時、事前に車の買取相場を調べていなかったら、大手だから高く買い取ってくれると思い込んでいた分、

そのまま安く売ってしまってたかもしれません。

 

 

ディーラーというのは、新車のショールームになっているかと思いますが、

そのことからも分かるとおり、新車を販売するためのお店です。

 

中古車店のように中古車がたくさん展示されているディーラーというのはなく、

その目的は新車販売なのです。

 

ディーラーが下取りした中古車は、

系列店などに回されディーラー認定中古車として売られたりするそうですが、

そもそも中古車の販売を行っていないディーラーですので、

下取り価格も自然と安い金額となってしまうのです。

 

 

さらに購入と売却をそのディーラーで行うので、

購入する車との値引き調整なども行われる場合があるのですが、

どうゆうことかと言うと、購入する車からの値引額が少額であった場合、

その分を下取り価格に上乗せすることにより、

高く下取りしたようにみせるということです。

このケースでは僕たちは高く下取りしてもらえたと思ってしまいますが、

実はそうではないということですよね。

 

 

また、最終的にディーラーに下取りしてもらった場合、

査定料や名義変更料などが請求されることもあり

これは中古車店に買取してもらった時にはほとんど請求されることがないものですので、

もしもディーラーの下取り査定と中古車店の買取査定が同じ金額であった場合、

ディーラー下取りのほうが損をしてしまうということですね。

 

 

最近では、いろんな方がディーラーでの下取り査定より、

中古車専門の買取業者に買取してもらったほうが高く売れると口コミなどでも書いていますので、

このあたり少し調べてみるといいかと思います。

この車買取杉並区というランキングサイトでも、

車買取について体験談に基き書かれていますので見てみるといいでしょう。

以上のことから個人的には、やはりディーラーの下取りは控えたほうがいいかなと思います。

中古車を高く売るにはどうしたらいい?

中古車を高く売るにはどうしたらいいのだろうか?

車の買い替え時には誰もが考えることだと思います。

 

今まで乗っていた車が高く売れれば、それだけ次に買う車の購入資金に充てられますので、車のグレードを上げたり、カーナビやカーオディオ、シートやサンルーフなどのオプションの費用にすることもできます。車をローンで買う場合には、そのローンの借入額を少なくすることができますので、毎月の返済も楽になりますよね。

そしてその車の売却方法ですが、大きく分けて二つ、ディーラー下取りと中古車店などの買取業者に買取してもらうという方法があります。

もちろん友人、知人に売るという選択肢もありますが、この場合高く売るというのが気持ち的にできないですし、売った後にトラブルになっても嫌なので、あまりおすすめではないですよね。

となると、

やはりディーラー下取りか中古車店などの買取業者に買取してもらうかのどちらかになるかと思いますが、

この二つ、はたしてどちらが車を高く売るのに適しているのでしょうか?

今回このサイトでは、僕が実際に車を査定してもらい、結果的に高く売ることができた体験をもとに、このあたりのことを詳しく説明していきたいと思います。

やり方一つで何十万円と変わってきますので、損をしたくない方は是非参考にして頂けたらと思います。

ちなみに僕は、今まで2度ほど車を売ったことがありますが、直近の事例で言えば、トヨタのヴィッツ、2016年式、車体カラーはホワイト、走行距離56,000キロが121万円で売れたのですが、買取相場としては100万円くらいといったところですので、ちゃんと高く売ることができたのかなと思っています。

もちろん1社ではなく複数社に車を査定してもらったわけですが、安い査定額の業者では、89万円という額を提示されましたので、最高額と最低額の差額は32万円もあったということになります。

 

ということは、下手すれば32万円も損をするところだったので、やはり車の売り方というのは大事なんだなと改めて実感しました。

皆さんもくれぐれも安く売ってしまわないように注意してくださいね。そうならないためにも、この度はサイトではその秘訣を惜しみなく書いていきたいと思います。