自動車税の納付をお忘れなく!

車を所有していると毎年自動車税を納税しなくてはなりません。

 

4月1日現在で運輸支局に登録されている、

その車の所有者宛に自動車税納税書が届きますので、

5月末までに納税する必要があります。

 

納税書が届くのは4月下旬から5月上旬にかけてですが、

この自動車税を未納付のままでは車を売ることが出来ませんので、

納税するのをお忘れなく!

 

 

車の名義を変更する際には、

自動車税納税証明書の提出が義務付けられていますので、

納税したその納税証明書は、捨てずに保管しておくようしましょう。

 

 

万一、紛失してしまった場合には、

各都道府県の税事務所で再発行してもらうことが出来ますので、

予め再発行しておくといいはずです。

 

軽自動車の場合は税事務所ではなく、

区または市役所になりますので
お間違いのないように。

 

 

手続きは至って簡単で、税事務所または役所にいき、

用紙に記入して提出するだけでOK!

 

中々税事務所や役所に行く時間が確保できないという人には、

郵送で再発行をしてもらうことも出来ますのでやってみてください。

 

税事務所のホームページにある申請書をプリントアウトし、

必要事項を記入したら返信用封筒を同封して

郵送するだけで再発行が可能です。

 

他にも車売却時には車検証など用意する書類がありますが、

詳しくはこちらの車買取いわき市にも書かれていますので見てみてください。

車売却時の必要書類以外にも、

車を高く売るためのポイントなんかも書かれていて、

とても為になるかと思いますので。

 



ちなみに、納税したあとに車を廃車にした場合には、

その残存期間に応じて税金が還付されますので、

納税して間もないからもったいなどということはありませんので、

あまり時期は気にせずに廃車手続きをしてしまって大丈夫です。

 

 

尚、この還付金は廃車に限って還付されるもので、

売却時には還付金はありません。

 



だったら納税したあとすぐに車を売るのはもったいない!

 

なんて思うかもしれませんが、

多くの買取業者は、この自動車税について

残存期間に応じて買取価格に上乗せしてくれますので、

売却する際も特に気にする必要はないです。

 

ただ、これは法的義務ではなく、

あくまで買取業者の善意で行なっていることですので、

念のため車を買取業者に売る時には、

自動車税の残存期間の件を話して、

買取価格に上乗せしてくれるか確認しておくといいでしょう。